HSP・繊細さんの家事は、工程をシンプルに。

突然ですが、私は家事があまり得意ではありません。
好きか嫌いかといったら、好きではありません 笑。

おうちが好きなくせに、ね。

料理は作ってほしいし、片付けや掃除も、
本当は誰かがしてくれたらすっごい嬉しい。

強いて言うならば、
ベッド(お布団)を整えることは、好きかも。
それはきっと、ベッド(寝ること)を
愛してやまないから。

そんなズボラな私ですが、
なぜ家事が得意ではないのかというと、

とにかく1つ1つの作業について
色々細かく深く考えすぎてしまったりするのです。

「これをするにはこっちからこうして、ああして。」
「これを完了させるには、その前にこっちから進めて、
こうやってああやって」とか、
とにかく細かーい考えが勝手に浮かんでくるのです。

色々浮かんできて、思考ばかり深くなり、
結局手付かずで終わってしまったりします。

あとは、
1つの作業中に他のものが見えるとそっちに気をとられ
目の前の作業が進まなくなったりします。

例えば、
①洗面所のティッシュがなくなって新しいのを持ってこようとしたとき

②その途中でとあるゴミに気が付いて、拾ったとして。

③そのゴミを捨てようとゴミ箱にいく過程で

④娘の脱ぎ捨てた靴下発見!

⑤靴下を洗濯機に持っていく(洗面所に戻る)

⑥ゴミを持った私が「はて、何をしようと思ったんだっけ?」

ちーーーーーーーーん。 爆

(はい。本当は新しいティッシュを
持ってきたかっただけ=①)

まあ、そんな感じで
工程を自ら複雑化させているわけです。

そんな私ではありますが。

最近。

料理が楽しいのです!!!!!

マルチタスクの代表、
工程が命ともいえる料理。
HSP、繊細さんにとってはマルチタスクは天敵 笑
上記のように、色々気になる私の最大の壁。

本来は敬遠事項。

でも母であり、他に料理をする人が家族にいないため
生きていくためには(大げさ 笑)
「せねばならない、やらざるを得ない」感覚で
毎食頑張っておりましたのです。

が。

料理、シンプルにしたら。
パズルみたいにしたら。
んまあー!!!なんて楽ちんで、楽しいのでしょう♪♪

この思考はとある料理家さんから教えていただいた
秘伝のタレ的なもので。

ものの15分くらいでお料理準備完了!
できるようになったんですよーーー感激!!!

ここでどんなふうにするようにしたかというと。
(1)工程、料理のルーティンを決める。(決め方は料理家さんに教えていただきました!)
(2)料理の検索はしない(スマホ見ながら料理しない)
(3)料理中は、「無!無!無!」=何も考えない。ただ工程通りに手を動かす。

HSPさん、繊細さんにとって大切なことは
「いかに考えないようにするか。」
とくに家事については
始める前に工程、ルーティンを決めてから


考える隙を与えず、ただただ手を動かす。

ほんと、これにつきます!!

あまり深く考える必要がないため
頭の疲労度も減り、
むしろ「無」の状態になるため
逆に頭がスッキリしたりします。

この料理方法で手ごたえを感じた私は
今度は掃除のシンプル化・ルーティン化に
着手することにしました♡

いやはや、どんな変化が起きるのかが楽しみです♪
これで家事が好きになったら、めっちゃ最高やーん♪
と思ったりしてます。

思考が深く、細かいところに気がつきやすい
HSPさん・繊細さん。
普段の暮らしでは特に、そこを

【いかにシンプルにするか】

つまりは

【考える隙間を作らない】

ことがすごく大切だと、改めて実感しています。

そうすることで、
考えたいことに思う存分思考を巡らすことができ
無の時間ができることで頭がすっきりし、

脳疲労でぐったり・・・
なんてことも減ってくるのかなーと思うのです♪