米久咲代子(よねひさ さよこ)プロフィール

 

初めまして。数あるHPの中からご訪問下さり、本当にありがとうございます!
人生設計・働き方コンサルタント(こころケアリスト) 米久咲代子です。
繊細な女性が軽やかに生きていくための人生設計・起業副業をサポートしています。

ここでは、私の生い立ちから今に至るまでのお話をさせてくださいね。

三姉妹長女で、教育熱心な母の影響で学生時代は優等生キャラでした。争い事が大の苦手で全て穏便に済ませたかったので、先生の言うことをよくきく「いい子ちゃん」でもありました。

そのため八方美人だと思われ、友人だと思っていた数人からいきなり呼び出され「調子に乗るな」と罵声を浴び、無視されることもありました 涙。

もともと周りの気持ちを察知して、気を遣いすぎる傾向のあった私はますます周りの動向が気になり、生きづらさ・しんどさを抱えて過ごすようになりました。

反面、1つのことに集中してコツコツ進める事が得意で、「知識を得る」ことが大好きでした。そういったところは試験勉強や資格取得には大いに役立ちました。29歳の時、2回の挑戦で司法書士試験に合格できたのもこの力のおかげかなと思っています。

30歳で結婚後、最大の迷走期に入りました。
・結婚と仕事、どちらも周りを気遣いすぎて疲弊。
・6年の不妊治療でどうにもならないことへの焦燥感。
・やっとの思いで出産後、理想と現実の乖離に愕然。
・育児もしんどさを抱えながら常に不安がつきまとう。

こんな状態が積もりに積もり自分の感情を極限まで抑えた結果、ガマンの限界に至りました。感情のコントロールがきかなくなったのです。

当時の私は悲惨でした。イライラが抑えられず洗濯機を蹴り、壁に八つ当たりをして手を痛めたり。まだ乳幼児の娘に怒りをぶつけたり。そして自己嫌悪の繰り返し。まさに負のループでした。

「こんな私はもう嫌だ。何とかして変わりたい!!」

この危機感が当時の私を突き動かしました。

逆転キッカケ①:コーチングに出会う。
<自分の個性は何なのか?>を掘り下げる過程で、本来の自分を否定して生きてきたことに気づく。

逆転キッカケ②:HSP(Highly Sensitive Person)を知る。
まさに本来の自分そのものだ!という事実が分かり、今までの生きづらさのすべてに辻褄が合い、やっと自分を受け入れることができるように。

逆転キッカケ③:私のトリセツ・ありたい姿を見える化。
HSP気質を一気に強みに変換し、仕事も繊細な気質を中心に置いた働き方にシフト。
人間関係もラクになり、母、妻、そして1人の女性として軽やかに豊かに毎日を生きている。

私が行ったことは、
①わたしという繊細な人間をまるっと受け入れ

②その全てを強みに変換して
③自分のトリセツ、ありたい姿を明確に見える化
この3つです。
でもこれで人生が一変しました。

繊細な気質を持っていたとしても
この自己基盤さえ整えばあとは何が起きてもブレることはないということに確信を得ました。

繊細さんは企業になじめなかったり、通勤が苦痛だったり、様々な刺激を受けるためフリーランスという道を選ぶ方もいらっしゃいます。
でも、他の繊細さんではない方と同じような起業活動をすると、ここでも刺激過多となり疲れてしまうことが多いのです。
だからこそ、この基盤を整えながら

【自分にとって最適な生活バランス・心のバランスはどこにあるのか(=現在地)】

【自分のありたい姿、理想のライフスタイルは一体何なのか(=ゴール)】

【それを実現するために、どんな仕事をしていきたいのか(=手段)】

を中心に置いて、他の誰でもない、自分だけのルートを見つける必要があるのです。

Sayoの仕事は
◆自分だけのルート(人生設計・働き方)を一緒に見つけていく(個別サポート)
◆ルートを見つけた方がどんなライフスタイルでお仕事しているのか(お仕事紹介・記事執筆)※現在準備中
の2本立てで構成されています。

個別サポートでは、司法書士としての法律知識(会社設立等)もお役に立てます★

繊細さを強みに、生き生きと自分らしく働ける。
そんな女性を増やすことがSayoの夢であり、ミッションでもあります。

もしこれから先の生き方・働き方に迷いや不安がある方、
ぜひ一緒に人生のルート設計をしていきませんか?

 

・コーヒーと自然をこよなく愛する40代。一児と一匹(犬)の母。
・健康&学びオタク(蔵書約300冊)。
・司法書士。